絶対音感2


以前絶対音感についての記事を書いたことがあった。

ぼく自身は楽器の音について音名がわかる程度の能力なので、
日常生活が苦しいだとか
440Hzじゃないと嫌だ
などということはない。

この本を読んで思ったのはやはり

絶対音感≠音楽的能力

だということ。

音にラベルを貼れるという意味で約に立つことはあるだろうという程度。

この本の中にバーンスタインの言葉が引用してあった。

「音楽がどんなふうに動くのか。その中にすべてがあります。
音楽とは音符の動きです。」

ぼくの持論に、

「音楽的な気持ちよさと身体的な気持ちよさを混同してはいけない」

というのがあるのですがどこか通じるものがあるような。

要するに音に全部含まれているということですね。

罰あたりにもバーンスタイン様の言葉と並べちゃった(笑)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kohnakamura.com/archives/650/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
絶対音感2 from Koh Nakamura - official web site
検索
Feeds
Meta

Return to page top