博多と福岡


有名な話ですが

博多

福岡

って元々は違う街なんですよね。

那珂川を挟んで東側が商人の町「博多」

関ヶ原の戦いのあと黒田氏が那珂川を挟んで西側に築いた城下町が「福岡

と呼ばれていました。

今でも地図を見ると博多と福岡で通の向きが違います。

というわけで今日は博多の櫛田神社に行ってきました。

櫛田神社は博多の総鎮守で、福岡に黒田氏が移封される前からある由緒正しいお社です。

追い山のときに山が出発する場所ですね。

境内にある博多歴史館に展示してあった古地図によると、長浜は本当に長い浜でまだ大濠はありません。須崎、平尾村、五十川の地名は見えました。

草香江は本当に「江」でした。

福岡市の西側はおそらく今の大濠公園から樋井川沿いにかけて湿地の湾になっていたものと思われます。

反対に長浜をはさんで東側は今の博多港あたりが湾なっていたものと思われます。櫛田神社の北に島があったのだけれど地名を忘れてしまいました。

今の博多駅の少し南の那珂川に近いところに美濃島という地名があるのですが、古地図の中では本当に「簔島」という島でした!

海が入り込んでいたんですね。

そう考えるとそこからもう少し南に行った塩原は大昔は海だった、または満潮時に海水が那珂川を昇ってくる場所だったために土地に塩分が多くて塩原という地名になった

なんて考えられませんか?

むりやりかな(笑)?

まとまんないな(笑)

要するに自分の住んでいる街のことをもっと知りたいなと思ったのです。

さて、今からレッスンに行ってきます。

がんばるぞ!

追記

住吉神社においてある古地図は櫛田神社の古地図を参考にしていると思われます。

下が北でになってます。

・右側の大きな湾が草香江
・真ん中の上の方の小さな島が簑島
・真ん中の海が冷泉津(今の冷泉公園、中洲あたり?)
・その下の長い浜が長浜

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kohnakamura.com/archives/658/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
博多と福岡 from Koh Nakamura - official web site
検索
Feeds
Meta

Return to page top