Leland Sklar

  • 2008-06-19 (木) 3:17
  • 音楽

1年前ぐらいからちょくちょくベースを触っています。

家で弾いたり、レッスンのときに弾いたり、この間は一度だけライブでも弾きました。

ドラマーにとってのベーシストとは

だとか

ドラマーへのベースの聴こえ方

とか話してみたいんですが、うまいことまとめられそうにないんで大好きなベーシストの話です。

ぼくには大好きなベーシストが2人いまして、1人は

細野晴臣さん

もう1人は

Leland Sklar

というベーシストです。

このLeland Sklarを最初に気になったのは荒井由実の「中央フリーウェイ」と「Cobalt Hour」のすさまじいベースでした。

バリっとした音なのにローがあるという不思議な音で縦横無尽に疾走していくベースです。

ググってみるともともとはJames Taylerのバンドで弾いていたそうです。

Mud Slide Slim and the Blue Horizon
James Taylor / / Wea Japan
スコア選択:

このアルバムの「You've Got a Friend」のベースもとってもカラフルですばらしいのです。

サビで「中央フリーウェイ」で出てきたフレーズと似てるフレーズが出てくるので手癖みたいなものなのかもしれません。

トレードマークみたいなフレーズだと思うんだけどどうだろう。

実は今度ちょっとだけベースを弾くんですが、気分はLeland Sklaerで弾いてみようと思います。

もちろん気分だけ。

というわけでアコースティックライブ(的な)をします。

【土屋英子、しぇいん、中村皓】
2008.6.23(Mon)
@大橋バルエコ
♪土屋英子:Vocal
♪しぇいん:Guitar
♪中村皓:SnareDrum,Bass
20:00START
チャージなし

英子ちゃんとは4月ぐらいから急激に仲良くしてもらっていて、こうゆう後輩がいてくれるのはとてもうれしいのです。

同じような音楽が好きっていうのはやっぱり大事なこととぼくは思います。

ぼくが

「あんなん好きならこんなんもあるよ」

って言って曲を聴かせたら

「うおー!すごいっすねー!」

なんて返事が返ってきたらそれはうれしいに決まっています。

飽くことなく続けていってほしいなと思っています。

いい歌を歌うので、歌を邪魔しないようになおかつカラフルに演奏できたらいいなぁ。

楽器を持ち替えて役割を変えると歌の聴こえ方も全然違うので新鮮です。

お暇な方はコーヒーとケーキを目当てに来てください。

Comments:4

joukami 08-06-19 (木) 7:19