好きなものは好き

  • 2008-12-20 (土) 0:56
  • 音楽

最近、福岡の仲間たちの上京ラッシュです。みんな示し合わせたように同じような時期に。

そしてミュージシャンの世界も地元の繋がりってやっぱり多いみたいです。そりゃ誰だって知ってる人間を誘うものね。

きのう踊り場ソウルのリハが終わったあとコーラスのまいまいさんとしゃべっていたら音楽の趣味がすっごく似ていて嬉しかった。矢野さん好きでBenFolds好きで本当はクラムボンも好きで(笑)
「あー」って伸ばしたときの声がすごく好きでそれを伝えたところから盛り上がって。やっぱりいいと思ったことをちゃんと伝えたらいいことあるんだな、うん。「好きなものは好きと言える気持ち抱きしめてたい」だな。

踊り場ソウルというバンドはとても動きがあってボーカルのつっちーさんの周りでは常に何かが起きています。出会えてよかった。そして演奏させてもらえててすごく感謝。
今度忘年会があるからちゃんと伝えよう。好きという気持ちと感謝の気持ちはちゃんと人に伝えなきゃね。

話は変わってドラムを叩きにちょくちょく近所のスタジオに行くんですがなんと今日はスティックを忘れて行きました。なんだそりゃ。ハイハッとペダルは持っていったのにね。
最近はリハのときはスネア、ペダル、ハイハット、クラッシュ(15インチ)、スプラッシュ×2を持っていってます。ガラガラとカートを引いて歩くのもだいぶ慣れてきました。東京っぽいな。車でドラムセットを持っていけるようになりたい!

そうそう、今よく行くスタジオのドラムセットがパールのリファレンスというモデルとタマのアートスター(だったかな?)というモデルなんですがどちらもすごく今っぽい音(ドゥーン!みたいな)がするんです。
いいんだけど、いいんだけど、どうなんだろうなー。1台はそうゆうセットもほしいですけど、本当はもうちょっとガッツのある締まった音が好き。なんだか最近のドラムセット(90年代以降?)って鳴ることを追求しすぎて鳴りすぎちゃってるような気がします。
そして、宮川さんがおっしゃっていましたが、日本人の体格には22インチのバスドラは大きすぎるようです。確かに小さい日本人がでっかい黒人さん白人さんと同じサイズのバスドラって違うような気がします。リハスタにも20インチのバスドラがあるところがあったらいいのになぁ。

Comments:2

おやつ 08-12-21 (日) 11:52