2008-07

SlowMotion解散ライブ

おとついSlowMotionの解散ライブ「Good bye, My girl!」がありました。

いつも見に来てくださったみなさん、本当にありがとう。

いい出会いがたくさんありました。

出てもらった「Black 1 Neck」と「うか」には本当によくしてもらって、忙しい中無理を言って出てもらいました。


この日はお客さんの熱気がすごかったので負けないように、オラオラ調で、でも冷静に演奏しました。

ドラマーは

頭は冷たく、ハートは熱く

がいいと思います。

今まではかなり頭も熱くなってしまっていました。もちろんそれでいい演奏ができることもあるんだけど、確率は低いような気がします。

おとついのライブが終わっていろんな人に声をかけてもらいました。

本当に励みになります。

実はこんなに気に入ってもらってたんだ、とかうれしいもんです。

ぼくみたいなドラマーは曲がないと演奏できません。

曲があってこその音楽、そしてドラムだと心底思うんです。

だから一番えらいのは曲を書く人、そして歌う人。

ぼくはそれを支える人です。

カラフルでグルーヴィーな歌心あふれるドラマー目指してがんばります!

スーパーベーシスト

きのう巻尺のけんちゃんとスタジオに入ってきました!

すごかったー。

すさまじいチョッパーベースを弾けるんだけど、そうじゃなくて気合の入ったすごいベーシストです。

もうね、一緒に合わせたのは初めてだったんだけど、なんだ、あの違和感のなさは。

シンコペーションに向かっていく感じが、這うような縫うようななんとも言えない腹にグっとくるニュアンスでホントにたまらん。

ベーシストに求めてる感じが詰まってます。

そんなけんちゃんは耳がいいからか

「俺なんてクソですよ(笑)」

とばかり言っています。

でも音楽の話をしたらとても趣のあることを言ってくれます。

以前、松浦亜弥の「LOVE涙色」のイントロの下がっていくフレーズがヤヴァイと言っていました。

というわけで、そんなけんちゃんとA FREETERのバックをします。

8月3日日曜日。場所は四次元というところです。

こりゃやばい。

山笠


博多祇園山笠に行ってきました!

寝坊してしまって見れないかな-と思ったけどダッシュで駆け付けてなんとか見れました。

博多ネイティブのあすかさんもいたので西流の山崩しまで見れました。

大の大人が必死の形相になっている姿はやっぱり祭ですね。

という訳であんまり眠たいのでとっても眠いです。

ファイツ!

センス

よく

あいつはセンスあるよね

とか言いますよね。

センスってなんでしょう?

発想力とかもセンスですよね。

吸収力もセンスですね。

それとですね、言葉にしにくいけど当たり前のことってあるじゃないですか。

例えば、8ビートでフィルを入れてもちゃんと4拍になってる、とかすごく伝えるの難しいんですよ。

そうゆうことが自然とできる人とかを見るとセンスがいいなと思います。

なんとなくできてしまう、そしてそれが人にも伝わる感じがセンスと言うのかな?

とぼくは思っています。

みなさんはセンスってどうゆうことと思いますか?

ロックバンド

今日は身近なとあるバンドを大絶賛します。

と言うかまあ後輩たちのバンドなんですけどこれがいわゆるミクスチャーなんですね。

この間ライブをみにいきました。

カッコヨカッタなぁ。

バンドのライブってこれだよな、って思いました。

はっきり言って彼らがお世話になっている先輩バンドたちを優に超えてるんじゃないでしょうか。

たぶんファンは

こいつらならどこか連れて行ってくれる

と思ってる。

そうゆうことを思わせてくれるような雰囲気がバシバシ伝わってきます。

何かやってくれるんじゃないかと期待させてくれる、ライブの間夢を見させてくれる、帰り道の足取りを軽くしてくれる

これこそエンターテイメントではないか!

そして、問答無用のカリスマ性。

ロックバンドのあるべき姿だと思います。

そんな彼らは本当に先輩にもやさしいんです。

出会った頃から、自分を見るまなざしが変わらないんですよ。

自分で言うのもナンですが、ぼくなんかにもいつも全力のリスペクトを持ってぶち当たってきてくれます。

普通、出会ってから3年もたてばもうちょっとなれなれしくなるもんだと思うんだけどねぇ(身に覚え多数あり)。

最初にハッタリをかましたからかな?笑

だからぼくにできることがあれば彼らに全力でぶち当たってみようと思います。

楽しみだ!

検索
Feeds
Meta

Return to page top