2011-07

アラカキヒロコ「かぎりある物語」

沖縄出身、東京都新宿区在住のシンガーソングライターアラカキヒロコさんの1st Mini Album「かぎりある物語」が発売になりました。

ディレクション全般とドラムを1曲、参加させもらいました。基本的には弾き語りのミニアルバムです。

アラカキさんと知り合ったのは去年の終わり頃。会う前にデモを聴かせてもらったとき「こんなマニアックな人がいるのか」と不覚にも笑ってしまいました。
坂本龍一さんを思い出すようなピアノと、女性シンガーソングライターには珍しい魅力ある低音。
何か、シャーマン的な雰囲気を持った人。

そうゆう良さを引き出しつつ、でもマニアックにならず間口の広い、愛のある作品を一緒に作りたいなと。

年明けから一緒に製作を開始、様々なドラマを乗り越えて完成です。

一番の語り草は「インフルエンザ事件」。
レコーディングスタジオでピアノ以外の楽器を1日で録る日があったんですが、彼女はタイミングよくインフルエンザにかかり現場に居ることができず、録りたてのデータをその都度送ってリアルタイムに聴いてもらうということをやりました。ミュージシャンは逆境や事件が大好きなのでスタジオは大盛り上がり(笑)
ミュージシャンもいいテイクを連発。電話越しの涙声は忘れない。

アラカキヒロコ
「かぎりある物語」

1.新宿駅、15番線
2.守護神
3.monad
4.17269
5.シノノメノウタ
6.夜の唄

庸蔵(Alto Sax)
豊田稔(Percussion)
中村皓(Drums)
松岡憲生(Bass)
古川淑恵(Vc)
大塚惇平(笙)

聴き応えありますよ。

じきにインターネット、店頭でも買えるようになるかと思います。ぜひ。

8月6日渋谷セブンスフロアにてレコ発ライブも決まっています。こちらもぜひ。

2011年8月6日(土)
at 渋谷 7thFLOOR
ナナカイ窓全開企画
『渋谷の喧噪~第五夜』
アラカキヒロコ 1st mini album
『かぎりある物語』レコ発イベント

【ACT】
アラカキヒロコ(Pf + Voice)/庸蔵(Alto Sax)/豊田稔(Percussion)
/中村皓(Drums ; 踊り場ソウル)/古川淑恵(Vc)/松岡憲生(Bass)

【guest】
koetokarada meets DJ I-TAL
<舞踏:菊地大介/笛:澤田英太/笙:大塚惇平/DJ:ミヤモトイタル>
よしむらひらく

open19:00 start19:30
前売2,300yen 当日2,800yen (共にDRINK代別\500)
■浴衣でご来場のお客様に限り\500割引します!!
※今回の震災の節電による窓全開イベントのため、基本エアコン等は稼働しません。
ご理解の上、ご了承ください。

いつか

きのう7月11日は渋谷gee-geでシンガー「いつか」ちゃんのライブでした。
いつもサポートしている丸谷マナブ氏が曲を書いているのです。

普段割とシンガーソングライターのサポートが多いのでシンガーは久しぶり。やっぱりシンガーソングライターとシンガーは人となりや、感じが違うので新鮮です。
メンバーも皆さん初めまして。ギター平田崇さん、ピアノ諏訪由里香さん、ベース板谷直樹さん強力なメンバーです。
平田さんはライブでセッションで一緒になったりライブを見たことがあったり、すごく気になっていたプレイヤーだったので嬉しいです。
サウンドガッチリ作ってまたやりたいなぁ。

そしてきのうはいろんな人に会って、いろんな人から電話をもらった1日でした。初めて丸谷マナブさんと会ったのが去年の8月末だからフリーになってドラムを再開してもうすぐ1年、いろんな縁が繋がってるなーと思います。

もう1年か。早すぎるー。

MintJulep「真昼の月」

MintJulepで真昼の月夜の太陽でライブしてきました。

他の出演者の方々もとても自分の世界を持っている方々で、でもちゃんとエンターテイメントしていて素晴らしかった。
ムラタトモヒロさんのエロさを徹底している感じ、素晴らしいです。
オガワマユさんは最近周りからすごく盛り上がってる話を聞いてたけど、期待以上でした。ノッてる人のライブっていう感じ。
音座さんはプロの演奏家がやる冗談音楽というぼくのツボの一つを完全についてくる素晴らしいアーティスト。笑いたっぷりの新潟弁のバースデーソングで泣けてくるのはそれまでにガッチリ掴まれてたからだろうな。

そんな日だったのでお客さんもたくさん!お客さんの期待感と楽しんでいる雰囲気がライブハウスに充満していていい最高のムード。

MintJulepもCD発売後の初ライブだったこともあって、最初からぶっ飛ばし!お客さんもどんどんついてくる。
こうゆう日の演奏中にメンバーと目が会うときの気持ちといったら最高です。言わなくてもわかる的な。

MintJulepと笑顔が苦手な後ろのリズム隊2人。トーテムポールのような顔をしてます。
ライブハウスっていいなーって思った夜でした。

真昼の月が輝いてる
幻は消えても
変わってゆくことは失うことじゃない
MintJulep「真昼の月」

にゅわんトリオ

7月6日は下北沢モナレコードでにゅわんライブ。

にゅわんさんの音楽はCDを聴いてもらえればわかるんだけどゆったり聴けるのに聴き応えがあるという、とても難しいことをさらっとやっちゃうところがすごく魅力的。
ライブハウスでかかっていたりして、「誰これ!?」率が非常に高いみたいです。それも納得~

にゅわんさんとベース山口洋輔くんとのトリオは意外と初めて。
音源の温度感もすごくよくてそれも好きなんだけど、ライブならではな感じを出したくてそうゆう準備をして演奏しました。

楽しかったなー。出しきった!このトリオはまだまだ進化しますよー

さて、今日はCDをリリースしたばかりのMintJulepのライブ。今日もやりきるぞー。

真昼の月 夜の太陽
「'S Wonderful!」
出演:音座、Mint Julep、hanaemi、chabadaba、ムラタトモヒロ
※hanaemiさんは都合により出演キャンセルとなりました。
※急遽、オガワマユさんの出演が決定いたしました!

open/start 18:15/18:45 前売/当日 2000円(ドリンク別)

検索
Feeds
Meta

Return to page top